夫のこと

2008年8月22日 (金)

夫と外食

今日は、息子が朝から終日外出していた。

部活の先輩(高校生)たちの試合の応援とお手伝い、それから、

高校二年生の先輩は、この試合で引退するとのことで、引退の

打ち上げとして、ボーリング大会をした後、ピザ食べ放題に行く

ということだった。

夫婦二人分だけの夕食となると、量がとても中途半端になる。

魚でもなんでも、三人分を前提に買い物して冷凍してあるので、

なんとなくつくるのがおっくうになってしまう。

夕方、夫に、夕食に何が食べたいか、メールしてみた。

夫は、恐らく、私の意図を察知したのであろう・・・

自宅近くにある定食屋さんの定番の御膳でも食べに行こうか?

と、まことにナイスフォローなメールが返ってきた。

というわけで、今日は、とても久しぶりに、夫と二人で外食しました。

夕食を夫と外食したのは、いったいいつ以来のことだろうか・・・

食事はとてもおいしかった。お値段がリーズナブルで、かつ、かなり

味もおいしいと評判の店である。

夫も満足そうにしていて、その笑顔がとてもうれしかった。

いろいろなことに押しつぶされそうになっている中で、ほっこりとした

気分になった夜だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

悪い知らせ的中

夫の悪い知らせは的中した。

むしろ、彼は、わかっていたのだろう。

私への優しさか、あるいは、自分でも悪くないと良いと願う心の

表れか・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

夫からの電話

今日、7月1日、夫が病院でCT検査を受ける日だった。

自宅からすぐ近くだし、どっちみち結果は今日は聞かせてもらえ

ないからと、夫は、私について来なくてもいいよ、と、一人で出か

けて行った。

それが、朝の8時過ぎのことだった・・・

午前9時過ぎ、夫から電話がはいった。

「CT検査の後、午前10時20分から診察の予約も入っているけど、

 まだCT検査結果の詳しい所見とかは聞けないだろうから、とりあ

 えず僕一人で主治医の先生の話を聞いておくね。」

午前11時過ぎ、再度夫から電話がはいった。

「診察終わりました。少し悪い知らせです。」

あ~、一緒に行かなかった日に限ってこうだ・・・私はついていかな

かったことを深く悔いた。

夫の声は淡々としていて、私にわかりやすく説明するかのように、

電話の声は続いた。

「肝臓の一部に今までは見られなかった影があり、まだ詳細は

 不明だとのこと。

 病院内でカンファレンスを行い、もう少し詳しい所見の分析と、

 病院としての治療法についての考えをまとめるとのこと。

 今週金曜日、7月4日午後3時、再度受診することとなった。」

私としては、「わかりました」と淡々と答える以外のことができようか?

病状は、新しいフェーズにはいってしまった。

治療方法は?今後どうなっていくの?

不安が礫となって、次々飛んでくる。

心が乱れる。

でも、今は金曜日を待つしかないのだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

Wiiついに買う

ついについに、満を持して???Wiiを買ってしまった。

実際は、やっと決心がついただけなんだけど・・・

しかし、もうすでに、夫も、私も、息子も、すっかりはまっている。

買ったその日に、夫と私は熱く対戦し、後から、夫の病状が

心配になったぐらいであった。

買ったソフトは、Wii Fit と Wii Sport 、はじめてのWii。。。

夫と私は、もっぱらWii Fitで、自分自身の能力を競い合う形式

なのだが、息子は違う。熱さが違う。

Wii Sport で、テニス、ベースボール、サッカー・・・と直接対決

を申し込んでくる。

年齢を考えてくれぇ~と悲鳴を上げたくなるほどの連打であって、

もう、私はヨレヨレになった。前向きに言えば、良い運動になった。

いやぁ~、ついつい本気になってしまいましたねぇ。

大汗もかきました。

病人がいて、なかなか外出しづらい我が家にとって、運動不足

解消のためにも、ストレス解消のためにも、噂以上に有用な

しろものであるといえる。

もっと早く買えばよかった~~~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

夫の体調、私の体調

夫は重病である。シビアな治療も受けている。

主治医からは「何が起こってもおかしくありませんよ」と

言われている。

私の中には、覚悟のようなものができているような、そん

なものできたくない、大丈夫だと一分の隙間もなく信じた

い、そんな矛盾した思考なのか感情なのかわからないが、

共存している。

当の夫の偉いところは、重病でも、助かっている人もいる

のだから、自分も助かるようにできるはずだ・・・としごく

自然に考えているところである。

病状があまり良くないとき、自信をなくして心がふらつく

ときもあったけれど、体調さえ回復すれば、またすぐに

明るさとやる気を取り戻す。

私にとって、夫は、尊敬に値する人である。

ここ1週間ほど、私は、全身に湿疹がでるし、関節は腫れ

て痛む、どうも体調が悪かった。

といっても、ひとつひとつは大きな問題ではないのだ・・・・

一昨日、昨日、今日、と3日間連続で、重病を抱えながら

出勤している夫から、昼休みにメールがはいった。

「体の具合はどうですか?」と・・・・

本来ならば、私が夫に送らなければならない内容である。

それを、私はといえば、関節が痛いといって結局メールを

打たずじまい・・・

夫には頭が下がる思いだった。

この人は、なんてキャパシティが大きいのだろうか・・・・

難しい病気になってしまったが、こういう人にはなんとか

治って欲しい、切実にそう願っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

今日は、週一回の、夫の通院付き添い

月曜日は、週一回、夫の通院に付き添う日である。

夫の病状が悪いときは私がクルマを運転するのだが、今日は、

なんとも、私の意識というか、正気というか、気力体力と言うか、

大変心もとなく、自信がなかった。湿疹と関節痛と甲状腺機能

低下症で参っているのだ。

それで、なんのための付き添いかわからないが、夫が運転して、

私が助手席に乗った。しかも、私はうたた寝しているうちに病院

について、途中ナビゲートもしていない・・・ごめんね、夫。

病院についても、待合室(正確には待合廊下)の、座り心地のよ

ろしくない椅子に座っている自信がなく、一人で病院内のスタバ

でコーヒーを飲んでいた・・・横着者。

でも、さすがに、診察時と、処置時は付き添っていた・・・あたりま

えか、これしなかったら、付き添いの意味がない。

先生は、先週と同じ代診の先生。主治医は遠くサンディエゴの空

の下、でも次週からは主治医の診察に戻るそうである。

帰りのクルマの運転は、行きよりもっと情けなく、何も記憶がない

うちに、自宅駐車場に到着していた。役立たずである。

ごめんなさ~~~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

今日は、夫、退院後、初の通院日

                                                                                                        今日は、夫が先週金曜日退院してP1000210 、初めての通院日だった。

私たちは、張り切って

早く出発し、8時30分過ぎには

病院に着いていた。

そして・・・・

それから、長~~~~~~~~~~い、ひたすら待つのみ

の時間が始まった。

先生のご尊顔を拝見できたのは、すでに12時30分を過ぎた

頃だった。

主治医の先生と、もうひとり、計お2人の先生が海外の学会

に行っておられるようで、医師が足りない手薄感と多忙感が

そこここに漂う。

そんな中、患者としては、さして座り心地も良くない椅子に座っ

て、ひたすら待つことしかできなかった訳である。

夫は、本当に文句とか愚痴とか無駄なことだと言っているよう

人で、実に我慢強いのだが・・・今日は、痛み止めが切れて、

つらかったこともあって、珍しくぼそりと愚痴らしきことを言った。

「病人だから病院に来ているのに、外来で待ちに待って、病気

が悪くなりそうだ・・・」

写真は、ひたすら座り続けた椅子のある病院の廊下 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

夫、金曜日に退院してきたが・・・

夫が金曜日に退院してきた。

当日、一見元気であった。まるで病人ではないみたいに・・・

買い物に行ってくれたりして、体調いいんだなぁ、少し動いた

方がいいのかな?なんて軽く考えていた。

しかし、翌日、ほとんど寝込んでいた。理由は痛みである。

背中が張って痛い。胃が痛い。腰が痛い・・・・

原疾患が広がっているからなのだろうか?

不安だけがひたすら募る。

はやく月曜日が来て欲しい。通院予定の日・・・・

主治医はサンディエゴ?!で学会なので不在だが、代わりの

先生に痛みの相談をしよう。

退院したら退院したで、諸手を上げて万歳三唱できないところ

が、不安が増すところが、病人の病人たる所以なのか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

夫、金曜日に退院予定

やっと退院だ~、明日の採血結果で問題さえなければ・・・・

長かった・・・やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日の花

P1000197 P1000196

遅ればせながら、母の日の花。

赤とピンクのカーネーションが、夫と私から、亡くなった夫の母

と私の母への花束である。

オレンジのガーベラとかすみ草が、息子から私への花束。

私が亡くなったときは、ガーベラで埋め尽くしてもらうことになっ

ているのだが、母の日に一部を先もらいしちゃった・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)