おすすめサイト

2007年8月22日 (水)

お墓は誰のためのもの?お墓の引越し(改葬)について思う

お墓は、誰のためのものか?

実は、今まであまり考えたことはなかった。

というか、一度も考えたことはなかったと思う。

一般的に考えると、生きている者たちが、先祖にお参りする

ために、形あるものを必要とする意味で、やはり生きている

者のためのものであろうか?

でも、自分のお墓を故郷に作っておいて、亡くなったら故郷の

土に還るのだ、と言っていた人もいる。

私の母である。

母は、私に「お墓参りはできるときだけしてくれればいいからね」

「将来は無縁仏になってもかまわないからね」と、とにかく自分の

故郷である名古屋のお墓に納骨して欲しい、と日常から念押しし

ていたのだ。

どう考えても、あのお墓は、母が故郷に還るためのものだとしか

思われてならないのだが・・・・

さて、今朝、テレビで、「お墓の引越し(改葬)特集」をやっていた。

故郷が遠くて、仕事が忙しいとか、高齢になって遠距離移動

がつらくなって、5年に一回ぐらいのお墓参りさえ、しんどくなっ

てきたので、自宅の近くの霊園に新しいお墓を造って、300年

から続いていた先祖代々のお墓をお引越し(改葬)した、

というような話だった。

この場合は、改葬を決めたのは生きている人間の側の都合

が主なわけだ。しかし、なかなかお参りや掃除したりしてもら

えない状況の改善、と言う意味では、先祖の方々にとっても

お引越しは良いことだったとも考えられる。

我が家の場合は、弟は、お引越し(改葬)推進派である。

私は・・・・まだよくわからない、だめだと断定できないが、かなり

強い抵抗感がある。故郷に還して欲しいという母の声が聞こえる。

母が亡くなってから、いろいろ考えることが多い。

しかし暑さのせいか、私のキャパシティのせいか、ちっとも結論

が出せない。

私は、「お墓」というものの言われ、意味を調べるところから

考え始めないと、考えがちっともまとまらないというバカ者です。

だから、常に問題が累々と積み上がっていくばかりなのである。

参考までに、改葬についてのサイトをふたつほど。

http://sogi-iso.jp/jouhou/sougi10/10_7_5.html

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2007080502038694.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月20日 (月)

手元供養の世界

母を亡くしてから、「手元供養」という考え方を初めて知った。

脳天を殴られたように、天啓に打たれるような、「これは」

と言う思いがした。これからネットや本で勉強するので、

詳しいことは、内容をよく理解して、考えてから、自分の

言葉で語りたいと思います。

参考になるリンクはっておきますね。

http://www.gendai-kuyo.com/

http://www.temoto-kuyo.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

猫・ネコ・ねこで和もう

やまねみえこさん、という、ネコ作家(こういう表現が正しいかどうかわからないが)の方がいる。

私は、ネコが好きでたまらないというほどのネコ好きではないが、やまねさんのネコ作品をみると、ネコってかわいいなぁ、と和んでしまう。

私ひとりが和んでいるのも申し訳ないので、どんな感じか、ちょっとお見せしたいと思う。

やまねさん、キャットバルーンさん、事後承諾ですみません。

サイトを紹介させていただきます。

今日のところは、ネコによる和みがテーマということで。

http://www.catballoon.com/artist/yamaneko.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

犬・猫の里親募集

ここで、なぜ「犬・猫の里親」なのか?
実は、昨日から犬猫里親募集サイトの入口をひっそりとブログの隅っこに設けましたので、ペット飼おうかな?なんて、ちらりとでもお考えになったことのある方々、犬・猫を嫌いでない方々は是非、ご一見ください。
これには、訳があるのですが、すごーく長くなりそうなので、続きは別に書くことにします。
なぜかつい、今回だけは「です、ます」調になってしまっているのが自分自身でも妙なのですが、やっぱり基本、お願いの内容だからでしょうかね?

という訳で(訳は別に書くったのでは?、というツッコミがはいりそうですが、とにかく)、里親募集サイトをよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)