« 息子の肩、精密検査結果 | トップページ

2008年9月 1日 (月)

息子のリハビリスタート

スホーツ整形外科の2階のリハビリテーションルームに初めてはい

った。

私は思わず、心の中で「お~、なんか凄いところにきてしまったみ

たいだぞ・・・」とつぶやいてしまった。

息子はキョトンとして、キョロキョロしていたが・・・

広々としたリハビリールームの中に、理学療法士、トレーナーと、

名札をつけたスタッフがたくさんいた。

リハビリ中の患者さんもたくさんいた。

ここでは、本格的なリハビリテーションに力を入れていることが、

随所に窺われた。

最初は、理学療法士の診察だった。

理学療法士の方が、息子に質問しながら、肩を押さえたり、いろ

いろな動作をさせて、左肩の痛みの有無や程度を確認しては、

シートに記入している。

ふと、そのシートを見ると、診断名「左肩肩関節周囲炎」と書かれ

ていた。

これが、精密検査結果の正式診断名のようである。

息子が、「初めて痛みが出たときは、アーチェリーの矢を射ろうと

して弓を構えても、左腕がブルブル震えて弓を支えていられなか

った・・・etc.」といったことを話しているのが聞こえる。

アーチェリーの弓の構え方のポーズをとって見せたりもしている。

ひととおりの検査を終えて、理学療法士から詳しい説明があった。

肩関節の模型を見せてくれながらの、実に丁寧な説明で感心して

しまった。

・肩関節には、インナーマッスルといって関節に直接くっついて関節

 の動きを支えている筋肉と、関節に直接くっついてはいない外側

 の筋肉がある。

・画像で白く見えた、炎症が認められていたのは外側の筋肉。

・アーチェリーで矢を射る動作をする際には、左肩は重たい弓を支

 え続けているため、その間中、インナーマッスルにはかなりの負担

 がかかっていることになる。

・まずインナーマッスルが負担に耐えかねて、つまりは「使いすぎ」

 で炎症を起こしてしまった。

・それでもアーチェリーを続けていたため、さらに、直接肩関節には

 くっついていない外側の筋肉が、内側の筋肉の替わりに肩関節を

 支えようと働いた。

・その結果、本来、肩関節を支える役目ではない外側の筋肉にも負

 担がかかりすぎ、外側の筋肉も「使いすぎ」で炎症を起こすことに

 なった。

要するに、「使いすぎ」、「練習のしすぎ」なのである。

「使いすぎ」で肩関節の周囲の筋肉が、内側にあるものも、外側に

あるものも、炎症を起こしてしまった。そのため肩で何かを支えるよ

うな動作ができなくなってしまっているわけである。

主治医は「大事はない」と言われたけれど、それは「取り返しがつか

ないようなことにはなっていない」という意味ではあったけれど・・・・

理学療法士の説明を聞いて、まだ13歳という年齢を考えれば、かな

り大変な肩の故障だということはわかった。

その後、今後理学療法や運動療法を担当してくださるトレーナーと

打ち合わせをして、次回の予約をとってから帰途についた。

息子は、「よかった、と言っていいのか、大変だ、と言っていいのか、

よくわからないね。」と、ことの大事さをわかっていないらしき発言を

しており、頭が痛くなった。

本人が理解しないとどうにもならないのに・・・・困った・・・・

|

« 息子の肩、精密検査結果 | トップページ

息子のこと」カテゴリの記事

コメント

良かったです、リハビリがスタート出来て・・・。
このままうまくいけばいいですね!
うちの息子に連絡したら
宿題はとっくに終わったとの事。良かった。
また新しい気分で始まりますね!
 でもふとしたときに母を思い出してしまって
泣いてばかりです。駄目だ!と思えば思うほど泣けてきます。このまま何年でも堪えていくしかありませんね。
でも母が大好きだから泣いても悲しくても生きていなければいけません。
死んだら多分会えないと思うのです。

投稿: アミーゴ | 2008年9月 1日 (月) 23時52分

アミーゴさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
息子さん、宿題をとっくに終えてらしたとのこと、
立派ですね。
うちの息子はギリギリセーフ状態でした。

お母様を思い出されては泣けてしまうとのお話し、
他人事とは思えません。
昨年6月母を突然死させてしまってからというもの、
私も泣き通しで、街を歩いていても、母を思い出し
ていきなり涙ぐんでしまう、といった毎日を送って
いました。それが半年以上続きました。
悲しさ、寂しさ、母に対する申し訳なさ、といった
思いは、1年以上たった今も和らいではいません。

ただ、悲しさや寂しさ、つらい感情すべてを包括し
た思いがいつも胸に宿り続けているけれど、同時に
母が見守っていてくれることも強く感じられるよう
になりました。今は、母を思う時、悲しさ寂しさと、
安らぎとの混じりあった思いがしています。

泣けて泣けてしょうがないときは、無理にダメだと
思われないでもいいのじゃないかとも思うのです。
お母様が、アミーゴさんに安らぎをもたらしてくだ
さるその日が、必ず来ると思うのです。

投稿: ととろ | 2008年9月 2日 (火) 21時51分

こんばんは^^
息子さん痛がっているんですか?
焦らず、ゆっくりリハビリをして下さい。

投稿: BIKKE | 2008年9月 3日 (水) 17時42分

BIKKEさん、ありがとうございます。
息子の肩は、日常の生活中は痛まないのですが、
ちよっと特殊な動作、肩で何かを支えるような
感じの動作、代表的なものが「腕立て伏せ」な
んですけど・・・そういう動作をしなければな
らないときには、痛くなってしまうようです。
しばらくは、体育の授業でも、「腕立て伏せ」
免除にしていただかなければならないようです。
息子が、自分でひいたおみくじにも、病気・けが
は、あせらず養生しなさい、と書いてあったそう
です。
じっくり、リハビリさせるようにしたいと思い
ます。

投稿: ととろ | 2008年9月 3日 (水) 22時15分

スポーツに怪我や故障はつきもの。
怪我をしてしまったら、1日でも早く治す!
でも慌てずに。
確実に治すことが、一番の近道ですよ。

投稿: ユキ | 2008年9月 5日 (金) 10時12分

こんばんは。
他のページを覗いて見たら母の日のことが書いてあって
そういえば今月15日は敬老の日だったと思い出し
昨年うちの息子が私に預けておいた小遣いで
父と母へプレゼントを買った事を思い出しました。
母は丁度還暦だったので赤い遠赤外線の下着・・・
それをよく着用していたことを思い出してしまって
もう涙が止まりません。
洗っては干してその繰り返しで
余程気に入っていたのかと思うと
これからどうすればいいのか分かりません。
今は悲しくて泣いてばかりです。

投稿: アミーゴ | 2008年9月 6日 (土) 01時08分

ユキさん
いつもありがとうございます。
そうですよね、完全に治すことが大事ですよね。
息子には、くどいほど言っていますが・・・
どうしてもアーチェリーの練習に行ってしまう
のです。いつまでも炎症が治まらなかったらどう
しよう・・・と心配しています。
今日は、午後からずっと、スポーツ整形外科に
行って、トレーナーと運動療法をしています。

投稿: ととろ | 2008年9月 6日 (土) 16時38分

アミーゴさん、こんにちは。
コメント読ませていただき、なんだか、痛いほど
アミーゴさんの気持ちがわかります。
もう、母のあの姿は見れない、もう母の声は聞け
ない、そう思うだけでどうすることもできず涙が
溢れてくる期間がずいぶん長く続きました。
なぜ、母にもう会えないのか、納得できなくて、
気持ちがざわめいて、夕方になると泣いていた
時期もありました。
今は、半年、1年、と時間の経過につれて、少し
ずつ、本当に少しずつですが、母を思い出すと
気持ちが安らぐようになってきつつあるところで
す。

投稿: ととろ | 2008年9月 6日 (土) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/42345501

この記事へのトラックバック一覧です: 息子のリハビリスタート:

« 息子の肩、精密検査結果 | トップページ