« 2008年8月 | トップページ

2008年9月

2008年9月 1日 (月)

息子のリハビリスタート

スホーツ整形外科の2階のリハビリテーションルームに初めてはい

った。

私は思わず、心の中で「お~、なんか凄いところにきてしまったみ

たいだぞ・・・」とつぶやいてしまった。

息子はキョトンとして、キョロキョロしていたが・・・

広々としたリハビリールームの中に、理学療法士、トレーナーと、

名札をつけたスタッフがたくさんいた。

リハビリ中の患者さんもたくさんいた。

ここでは、本格的なリハビリテーションに力を入れていることが、

随所に窺われた。

最初は、理学療法士の診察だった。

理学療法士の方が、息子に質問しながら、肩を押さえたり、いろ

いろな動作をさせて、左肩の痛みの有無や程度を確認しては、

シートに記入している。

ふと、そのシートを見ると、診断名「左肩肩関節周囲炎」と書かれ

ていた。

これが、精密検査結果の正式診断名のようである。

息子が、「初めて痛みが出たときは、アーチェリーの矢を射ろうと

して弓を構えても、左腕がブルブル震えて弓を支えていられなか

った・・・etc.」といったことを話しているのが聞こえる。

アーチェリーの弓の構え方のポーズをとって見せたりもしている。

ひととおりの検査を終えて、理学療法士から詳しい説明があった。

肩関節の模型を見せてくれながらの、実に丁寧な説明で感心して

しまった。

・肩関節には、インナーマッスルといって関節に直接くっついて関節

 の動きを支えている筋肉と、関節に直接くっついてはいない外側

 の筋肉がある。

・画像で白く見えた、炎症が認められていたのは外側の筋肉。

・アーチェリーで矢を射る動作をする際には、左肩は重たい弓を支

 え続けているため、その間中、インナーマッスルにはかなりの負担

 がかかっていることになる。

・まずインナーマッスルが負担に耐えかねて、つまりは「使いすぎ」

 で炎症を起こしてしまった。

・それでもアーチェリーを続けていたため、さらに、直接肩関節には

 くっついていない外側の筋肉が、内側の筋肉の替わりに肩関節を

 支えようと働いた。

・その結果、本来、肩関節を支える役目ではない外側の筋肉にも負

 担がかかりすぎ、外側の筋肉も「使いすぎ」で炎症を起こすことに

 なった。

要するに、「使いすぎ」、「練習のしすぎ」なのである。

「使いすぎ」で肩関節の周囲の筋肉が、内側にあるものも、外側に

あるものも、炎症を起こしてしまった。そのため肩で何かを支えるよ

うな動作ができなくなってしまっているわけである。

主治医は「大事はない」と言われたけれど、それは「取り返しがつか

ないようなことにはなっていない」という意味ではあったけれど・・・・

理学療法士の説明を聞いて、まだ13歳という年齢を考えれば、かな

り大変な肩の故障だということはわかった。

その後、今後理学療法や運動療法を担当してくださるトレーナーと

打ち合わせをして、次回の予約をとってから帰途についた。

息子は、「よかった、と言っていいのか、大変だ、と言っていいのか、

よくわからないね。」と、ことの大事さをわかっていないらしき発言を

しており、頭が痛くなった。

本人が理解しないとどうにもならないのに・・・・困った・・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

息子の肩、精密検査結果

8月27日は、息子のMRI検査の結果を聞きに行く日だった。

息子は、日常生活には支障ない程度に回復していた。

もしかしたら、このまま何事もなく治ってしまっていてくれない

だろうか・・・などと、期待している部分も私の心にはあったが・・・・

しかし、空手、水泳、アーチェリーと、複数のスポーツをやって

いる息子にとって、肩に不安を抱えたままでいることは、本格的

に肩を壊してしまいかねない危険がある、今回の故障をきっかけ

に、きちんと治療を受けて治してしまわなければ・・・と、思い直す。

夕方、MRI検査の結果を聞くために、車でスポーツ整形外科に

向かった。

息子は、車の中で黙り込んでいる。

1時間ぐらい待って、名前を呼ばれて診察室に入る。

肩の専門医だという主治医は、PCの画面上に映し出されたMRIの

画像をじっくり見ている最中であった。

「大きな問題はないです。肩のどこかの部分が損傷して壊れている

とか、取り返しのつかないようなことは起きていない。」

主治医の第一声は、私を安堵させた。よかった~。

しかし、主治医の話には続きが・・・

「ただ、画面上も肩の筋肉が真っ白に写っており、これは炎症が起き

ている、まだ続いている、スポーツをお休みしてみても治っていない、

ということを意味します。」

(確かに、肩の外側部分が真っ白になっている。=水がたまっている

=炎症がおきて腫れている)

えっ、では、どうしたらいいのでしようか????

「まだ痛みますか?」

息子が、生活は支障がないけれど、腕立て伏せを20回ぐらいやって

みたら、その後、かなり痛くなってしまった・・・と答えている。

「まだ若いのに(というか、子どもです、先生・・・)、そうしょっちゅう痛

みがでているようでは、この先困るでしょう。

リハビリの先生にもよく診てもらって、何度も炎症が起きたりしないよ

うに、肩の筋肉を強化するリハビリをしてもらいましょう。

では、2階のリハビリ室に行ってください。」

そういうわけで、息子は、生まれて初めて、本格的なリハビリテー

ション(理学療法・運動療法)を受けることになった。

カルテの表紙を覗き込むと、傷病名として「肩筋挫傷」と書かれて

あった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ