« 遅まきながら、母の一周忌法要 | トップページ | 一周忌法要終えて気が抜けて »

2008年7月 1日 (火)

夫からの電話

今日、7月1日、夫が病院でCT検査を受ける日だった。

自宅からすぐ近くだし、どっちみち結果は今日は聞かせてもらえ

ないからと、夫は、私について来なくてもいいよ、と、一人で出か

けて行った。

それが、朝の8時過ぎのことだった・・・

午前9時過ぎ、夫から電話がはいった。

「CT検査の後、午前10時20分から診察の予約も入っているけど、

 まだCT検査結果の詳しい所見とかは聞けないだろうから、とりあ

 えず僕一人で主治医の先生の話を聞いておくね。」

午前11時過ぎ、再度夫から電話がはいった。

「診察終わりました。少し悪い知らせです。」

あ~、一緒に行かなかった日に限ってこうだ・・・私はついていかな

かったことを深く悔いた。

夫の声は淡々としていて、私にわかりやすく説明するかのように、

電話の声は続いた。

「肝臓の一部に今までは見られなかった影があり、まだ詳細は

 不明だとのこと。

 病院内でカンファレンスを行い、もう少し詳しい所見の分析と、

 病院としての治療法についての考えをまとめるとのこと。

 今週金曜日、7月4日午後3時、再度受診することとなった。」

私としては、「わかりました」と淡々と答える以外のことができようか?

病状は、新しいフェーズにはいってしまった。

治療方法は?今後どうなっていくの?

不安が礫となって、次々飛んでくる。

心が乱れる。

でも、今は金曜日を待つしかないのだ・・・

|

« 遅まきながら、母の一周忌法要 | トップページ | 一周忌法要終えて気が抜けて »

夫のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/41708761

この記事へのトラックバック一覧です: 夫からの電話:

« 遅まきながら、母の一周忌法要 | トップページ | 一周忌法要終えて気が抜けて »