« 氷室冴子さん | トップページ | 1年たっても・・・・ »

2008年6月10日 (火)

母の一周忌

母は、昨年6月10日「頃」亡くなったと推定されている。

「頃」となってしまったのは、死体検案医の判断である。

日めくりカレンダーが6月10日になっていたことから、

6月10日までは生存していたと考えられ、6月11日の

午後8時すぎに、私が、ベットで眠った状態で母が亡く

なっているのを発見しているので、6月11日の午前0時

以降であった可能性も考えられ・・・・ということだと思う。

推定ではあるものの、今が、母の死からちょうど1年経過

した頃なのだ・・・

私が自分用に買った現代仏壇に置いてある母の写真の

前で、夫と息子と3人で、一周忌のお参りをした。

お経も、お線香も、鈴もない、静かで音のないお参りだっ

たが、その方が、母の声が聞こえてくるような気がした。

夕方、母のマンションで片付けをしていて、ちょうど帰ろう

としていたところ、ご近所で親しくしてくださった方が声をか

けてきてくださり、母の日頃の生活や言動について、思い

出話を聞かせてくださった。

この、ちょうど1年のこの日に、こんないろいろなお話を聞

かせてもらえるなんて、と、うれしさと、懐かしさと、寂しさと

が混然一体となって、涙がこぼれそうになった。

お母さん、あなたが、私のことを、私の家族のことを、大事

に思っていてくれたこと、お話を聞かせてもらって、よくわか

りました。うれしかった。本当にありがとう。

|

« 氷室冴子さん | トップページ | 1年たっても・・・・ »

母のこと」カテゴリの記事

コメント

生きている間に、関わりのあった数だけ、色んな思い出もあるはず。
今まで知らなかった良い思い出の一つが、この日に開かれて、ととろさんが共有できたのは、幸せなことです。

ご近所の方にも、本当に感謝ですね。
素敵なお付き合いを続けていてくれて・・・
今の時代、隣の人の顔も知らないということも珍しくないのに。
お母様の、人付き合いを大切にする優しいお人柄を、強く感じることができました。
素敵なお母様ですね。

投稿: ユキ | 2008年6月12日 (木) 08時15分

ユキさん、コメントありがとうございます。
一周忌の日に、2軒隣の方と偶然廊下でお話ができて、たくさん母にまつわるお話が聞けて、本当に、幸せなことだと思っています。
へこんでいた私への、母からの贈り物かな・・・
なんて、ふと思ったり・・・

投稿: ととろ | 2008年6月12日 (木) 10時36分

ととろさん、こんにちは。
1周忌だったのですね。
同じ季節になって、また鮮明に思い出してしまっているんじゃないかと思いますweep

ご近所さんとお話ができて本当によかったですね。
その方を通しての、お母様からのメッセージ。
感動しました…
きっとお母様がととろさんに伝えたかったんだろうと思いますshine

投稿: らみゅ | 2008年6月13日 (金) 19時06分

らみゅさん
コメントありがとうございます。
本当に、母が励ましてくれたような気がしました。
こんなことって、本当にあるんだなぁ~って、
感動して、うれしかったです。
いつまでも嘆いていては、ダメですね・・・
もう、そろそろ脱皮しないと、と気持ちはあるのですが、なかなか実態が伴いません。

投稿: ととろ | 2008年6月13日 (金) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/41496276

この記事へのトラックバック一覧です: 母の一周忌:

« 氷室冴子さん | トップページ | 1年たっても・・・・ »