« 森林浴の光景 | トップページ | なぜ会社に行けないのか・・・・ »

2008年6月22日 (日)

紫陽花の思い出

散歩していて、美しく咲く紫陽花を見つけた。

何かが頭の中でスパークする。古い記憶・・・懐かしい光景・・・

父は、私が中学1年生のときに病に倒れ、1年弱の闘病生活の

末、亡くなっている。

紫陽花にまつわる記憶は、父が倒れる前の家族の記憶である。

神戸にある六甲山という1000メートル弱の山、ロープーウェイ、

紫陽花が両側に咲き乱れる山の小道・・・・

父と母は、ふたりで話ながらゆっくりと私の後方を歩いていた。

弟は、私の前を走っていた・・・

恐らく、4人家族全員での、幸福な最後の光景の思い出。

父の死後、母にとって、この光景は大切な思い出の宝物になった。

もちろん私にとってもだが・・・

闘病中の夫と、結婚記念日に散歩した小道で見つけた紫陽花・・・・

よみがえる30年以上前の記憶、母の思い出。

時の揺らぎを感じて軽いめまいがした。

|

« 森林浴の光景 | トップページ | なぜ会社に行けないのか・・・・ »

母のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/41605980

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花の思い出:

« 森林浴の光景 | トップページ | なぜ会社に行けないのか・・・・ »