« このところの私の感性鈍磨 | トップページ | 深夜のドライブ »

2008年4月20日 (日)

久々の夜の外出

夫が病気になってから、私が夜に出かけることはなくなった。

夫の入院中に、息子と夕食を食べに出かけたときぐらいか・・・

毎日深夜までバリバリ?働いていた、キャリアウーマンならぬ

ノンキャリアウーマンの私としては、深夜に家にいると、どこか

忸怩たる気持ちになる部分がある。

しかし、友の突然死、母の突然死と大切な人の突然死がたて

続き、完全に精神的に参ってしまった私であったが、まさか、

それから一年もたたずに、夫が難病になるとは・・・私という人間

は、よくよく前世で悪行を働いたのだろうか。

夫の発病で、私はついに完全に精神的に壊れつつも、どこか

正気な部分が残っていたのであろう、死に物狂いで病気や治療

方法についての国内外の資料を探しては勉強した。

それが実際に効果的な治療の役に立っているのか、立っていな

いのか、私にはわからない。

ただ、いつも夫の具合をいつも気にかけながら、何もしていなかっ

たら、私は狂死するであろう。私自身のために勉強しなければな

らないのだ・・・・

私はこの先どこに流れて行くのだろうか・・・・

自分自身が誰よりも、何よりも頼りない気がした、今日の夕べで

あった。

久々に、夜、外出し見つめ直してみた己の姿よ。

|

« このところの私の感性鈍磨 | トップページ | 深夜のドライブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/40942272

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の夜の外出:

» 癌を消すなら【免疫療法】 [ガン 免疫療法]
末期ガン(その他の病気)は、根本療法(免疫療法・体質改善)に勝るものはありません。 癌の末期でも、諦めないで大丈夫です。 『短期消癌法有ります。』 [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 09時49分

« このところの私の感性鈍磨 | トップページ | 深夜のドライブ »