« 深夜のドライブ | トップページ | もうすぐ母の日 »

2008年4月21日 (月)

早い限界

私には、すでに限界がきているのかもしれない。

少し早い気がしないでもないが・・・・自分ながら情けないことだ。

しかし、夫の病気がわかったのは今年の1月だから、それだけ

を考えればまだたかが4ヶ月強しかたっていないが、その前に

昨年の6月の母の突然死がある。

一昨年まで遡れば、10月に階段から転落して顔に挫滅創を負っ

て後遺障害が残った。前歯も一本折ってしまっている。

ちょうどその年、7月頃から、保険会社の保険金の不払いが

社会問題になって、保険金支払担当、時には不払い担当であっ

た私は、社内外から総攻撃を受けた。

当時私が不払いが妥当と判断し、お客様に説明に行って納得

していただいた事案の中にも、何件か「不払いは不適」と判定を

受け、お詫び状書いて、営業にお詫びに行ってもらい、何年もた

って保険金お支払するようなケースが発生した。

会社の判断に否やを唱えるということではないのだが、私として

は、まるで自分自身を否定されたような気がしていた。

自分は入社以来十何年間も一体何をやってきたのだろうか・・・・

何もわからなくなった。私のアイデンティティは崩壊したも同然だ

った。

まあ、そんな状態だったからこそ、階段の途中で意識を失ったり

して、頭から転落したりしたのだろう。

私の絶望と、苦しみ、アイディンティの崩壊は、私が考えていた

以上に母をも苦しめた。

母の死後、母の日記を読んで、母がどんなに苦しんだかを知っ

た。本当に申し訳なくて涙が止まらなかった。

母は、死体検案で急性心不全での死とされているが、私がもっと

社内で上手に立ち回っていれば、母はまだ生きていてくれたので

はないかとどうしても考えてしまう。私が母の死期を早めたのだ。

私にできることはもっとあったはずなのだ。

その前の年、9月、親友が自死した。

なぜ、なぜ、なぜ、私にはその言葉しか頭に浮かばない、今でも。

でも、死の少し前、私を訪ねて来てくれた。やはり私はチャンスを

つかめない、ダメな奴だったのだろう。

そして、降り積もる雪に埋もれて圧死するかのように、ついに私の

早すぎる限界が、今、来たのかもしれない。

|

« 深夜のドライブ | トップページ | もうすぐ母の日 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ととろさん、こんにちは。
タイトルにドキッとして来ました。
そんなに自分を追い詰めないでくださいsweat01
私も、自分の父親の自死を止められなかったことを長い間悔やみました。
姉は逆に恨んでいます。
受け入れないと苦しみから前に進めないと思ったから、私のせいではなかったんだと考えを変えたら、だいぶ楽になりました。
いろんな不運が続いてしまっていて、今すごく辛いとは思いますが、ととろさんのせいではないと思いますconfident
早く乗り越えられるといいですね(^^)

投稿: らみゅ | 2008年4月21日 (月) 16時58分

らみゅさん
ありがとうございます。なんだか、すご~く、疲れた気分になってしまって・・・
なんで、こんなにいろいろ身の回りの人が亡くなったり、病気になったりするかな~?
私もパニック障害だし。なぜなんだろ?
と考え始めたのがよくなかったですね。
らみゅさんがすぐに飛んできてくださった、そのお気持ちで、だいぶ立ち直れた気がします。本当にありがとう。

投稿: ととろ | 2008年4月22日 (火) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/40945929

この記事へのトラックバック一覧です: 早い限界:

« 深夜のドライブ | トップページ | もうすぐ母の日 »