« 家族の入院 | トップページ | 生きるということ »

2008年1月15日 (火)

息子の家事

息子は、ひとり息子のお宝坊ちゃんである。

つい先日、私の母、息子にとって祖母が亡くなるまでは、

祖母はほとんど息子に傅くようにして大切に育ててくれた。

その上に、父と母、大人3人に世話を焼かれていた息子は、

長男の甚六どころの騒ぎではない。

家事なんてとんでもない、自分の世話だってほとんどできない

おぼっちゃまんになってしまったのだった。

ところが、このまま一生生きていけるわけがないことは、すぐに

証明された。

まず、昨年6月に祖母が亡くなり、彼にサーブしてくれるような

大人はいなくなった。自分のことは自分でやってね、である。

しかし、三つ子の魂百までというところ、十二歳まで培われた

おぼっちゃまん根性は、そう簡単に変わるわけがない。

彼の第一の試練の日々が始まった。

半年かけて、すこ~しは自立のきざしが見えてきたかなぁ~

というところで、先週から夫が入院してしまった。

夫は、薄情な私とは違い、おぼっちゃまんの息子を見捨てられ

ず、なにくれと世話を焼いていたのである。

その父親が入院してしまい、残るは薄情でかつ家事が嫌い、

人使いが荒いと評判の母親のみ。

彼の第二の、本当の試練の日々が始まった。

ほんとになんにもできんやっちゃなこいつは・・・・と呆れまくる私。

プライドが高いので、うまくできない自分にイラつく息子。その上

に追いかけるように、母親の罵声が飛ぶ。

つい、この間まで、傅かれ、大切にされ、おぼっちゃん学校にの

ほほんと通って、お勉強さえちゃんとしていればいいのよ、と育て

られていたお坊ちゃまは、今、トイレ掃除、風呂掃除、床ワックス

がけ、プランターに水やり、ゴミだし、と、家事に追われる日々を

送っている。

でも、結局はうまくできていないので、こっそりあとからやり直して

回っているダメ母の私です。

しかし、必要に迫られるということこそ人を成長させる・・・・・

それを改めて痛感する今日この頃。

だって、私も、料理を作るのが格段にてっとり早くなっているの

だから・・・・

偉大なり夫。私の母亡き後、母の抜けた穴を埋めていたのは夫

だったことを思い知ったのである。

|

« 家族の入院 | トップページ | 生きるということ »

息子のこと」カテゴリの記事

コメント

頑張れっ、おぼっちゃまん君!
今のうちから家事をこなせれば、将来、君に振り向く女性は格段に多くなるに違いない!

ととろさん、後からひっそりとご子息のフォローに回る気遣いは素晴らしいです。
男女は関係なく、人として自分の生活全般が出来るような教育を受けている若者が少ない(と私は思います)中、ご子息は幸せ(当人は今はそう思えないと思いますが(笑))ですね。
ご主人の事も合わせて心労だと思いますが、体調にはお気をつけ下さい。

投稿: お嬢 | 2008年1月15日 (火) 23時57分

いつもながら、お嬢のナイスなフォローに痛み入ります。これは虐待?と思わぬでもなかったのですが・・・なにしろ一夜にして、王子から馬野番か何かに入れ替わってしまったような、童話ちっくな状況だったのです。本人も、半分は、訳分からずのまま勢いでやっているんだと思います。
しかし、これまで、どんなにやらせてもできなかったことのほとんどが、すでにできるようになっている・・・絶対目覚まし時計では起きない君だったのに、午前5時半にパチリと目を覚まします。目覚まし時計より先です。必要は成功の母。私も家事の要領がよくなりつつあります・・・

投稿: ととろ | 2008年1月16日 (水) 02時10分

本当に大変だと思いますが、ととろさんも、おぼっちゃまん君も頑張って乗り切って欲しいです。
そして大事な旦那様のご無事を心から祈ってます。

投稿: Peko | 2008年1月16日 (水) 21時43分

大変な状況だと思いますが、ととろさんも息子さんも一生懸命頑張っているということが伝わってきました。
ご主人が元気に回復されることを祈っています。
ととろさんも、身体に無理はしないでくださいね。

投稿: よーみん | 2008年1月17日 (木) 16時35分

息子さん・・・なんだか家の娘に似てるかも。。。
私の母も娘には何もしなくていいタイプ
お陰で娘 家事一切出来ない始末です
いつか自分が困る時来るのにね。。
ととろさんのフォローに回るなんて~優しい~
ご主人が1日でも早く元気に
回復されることを祈っています。
ととろさんも無理だけはしないように
気をつけて下さいね。

投稿: かぁちゃん | 2008年1月17日 (木) 23時09分

息子さん・・・なんだか家の娘に似てるかも。。。
私の母も娘には何もしなくていいタイプ
お陰で娘 家事一切出来ない始末です
いつか自分が困る時来るのにね。。
ととろさんのフォローに回るなんて~優しい~
ご主人が1日でも早く元気に
回復されることを祈っています。
ととろさんも無理だけはしないように
気をつけて下さいね。

投稿: かぁちゃん | 2008年1月17日 (木) 23時12分

Pekoさん
コメントありがとう。
おぼっちゃまん君は、もしかしたら、ここで化けるかもしれないと期待しているのです。夫も結婚前は何もできなかった・・・・しかし、結婚後はできない家事はトイレ掃除だけに・・・悪妻は夫の自立を促す・・・

投稿: ととろ | 2008年1月18日 (金) 02時47分

よーみんさん
家事、苦手な私と、家事やったこともない息子、
このふたりのチームは頼りなさ100満点。

投稿: ととろ | 2008年1月18日 (金) 02時52分

かあちゃんさん
コメントありがとうございます。
おぼっちゃまん君は、家事をやろうとはしているのですが、どちらかというと私の仕事は増えているような気がします。本当は親がやってしまった方が早い。
しかし、ここでやらなければ、彼は一生何もできない男になってしまう。世話するだけじゃなくて、耐えるのも親の役目なんですね・・・・
そう思い知る今日この頃。

投稿: ととろ | 2008年1月19日 (土) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/17698953

この記事へのトラックバック一覧です: 息子の家事:

« 家族の入院 | トップページ | 生きるということ »