« ある家庭医の物語 | トップページ | 自治会餅つき大会 »

2008年1月28日 (月)

息子自作弁当ご披露

Img_1279 このところ、誰も世話してくれないので、

自分で午前5時半起床し、自分でお弁当

をつくり、ひとりで登校していく息子。

掃除機かけ、風呂掃除、洗濯、ゴミ出し、

資源ゴミ分別、

等の家事全般、ほぼ自力にて問題なくこなすようになった。

そして、学校に着く直前、私に電話を入れ、私が起きているかどうか

確認する。起きていないと、授業の合間の休み時間中に再度電話か

メールをいれて起こそうとする。これでは、どちらが親かわからぬ。

この自立、成長の早さに驚愕。

我が子ながら、いえ、今日は、我が子だから、自慢しまくります。

息子自作のお弁当をご覧あれ。

おかずは弁当箱の上段。

かに玉、ほうれん草おひたし、豚肉のしょうが焼き、プリーツレタス、

ミニトマト、じゃがいものフライ。

下段はご飯。日の丸弁当である。

これにあと、お茶のペットボトルか、自分で沸かして作った麦茶を

水筒に入れて持っていく。

横にちらりと見えるのは、ふりかけ。

母も負けてはおられぬ!

|

« ある家庭医の物語 | トップページ | 自治会餅つき大会 »

息子のこと」カテゴリの記事

コメント

すばらし~~~~!!
自慢しまくるのは当然です!!
本当に素晴らしい!!!

私も見習わないといけないなあ・・・(--;)

投稿: Peko | 2008年1月28日 (月) 07時18分

すごいね~メニューも、盛り付けも、色合いも申し分ないわ。
これも、今まで食べたお弁当の影響。
それにこなした家事も・・・
今まで積み重ねてきたものが、きちんとお子様の中に、根付いているではないですか。
良い子に育ったね、ととろさん♪
もっと自慢していいと思うよ。

投稿: 美也 | 2008年1月28日 (月) 16時47分

Pekoさん
うちは、男性の方が料理が得意という家庭のようです・・・しくしく
私は、昔から、完璧主義ゆえに料理に力が入りすぎ、なにやってもうまくいかぬのです。

投稿: ととろ | 2008年1月28日 (月) 23時51分

美也さん
私は、盛付けとか色取りとか、あんまり考えずにお弁当箱に食べ物が詰まっていりゃいい的なお弁当をつくっていたにもかかわらず・・・
なぜ、息子は、盛り付けと色取りに拘るのだろうか?、私は反面教師?、と、自慢しながらも、ちょっと???の気持ちもあります。

投稿: ととろ | 2008年1月28日 (月) 23時56分

すごーい!素晴らしい!
料理が苦手な私は、ただただ感心するばかり。
これ、全部息子さん一人で作られたんですよね?
はぁ~、ほんとによいお子さんに成長されて
いるではありませんか。
お母さんのことも心配してくれて。
なんだか涙が出そうです。
立派な青年になられると、期待大です。

投稿: ペリエ | 2008年1月29日 (火) 01時08分

ペリエさん
どうかしら、うちの息子の涙ぐましい努力の産物であるお弁当・・・
今では、お弁当のおかずのメニューをいろいろイメージするそうです。これ、父親そっくり・・。
夫も、野菜とか見ると、夕食のおかずのイメージが浮かんでくるという、稀有な才能が身についてしまった人です。

投稿: ととろ | 2008年1月29日 (火) 10時03分

拍手喝采!!
これならいつ嫁(?)に出しても全く問題はありませんね(*^^*)
なんて素敵なご子息でしょう。
うぅ~、可愛いぞ~!

投稿: お嬢 | 2008年1月29日 (火) 23時39分

お嬢に拍手喝采していだだき、褒められれば褒められるほど、ますます燃え上がるタイプの愚息は、本日も、お弁当作りに燃えておりました。
最近は、お弁当の枠を超え、食事のメニューを考える楽しみにもはまりつつある模様。
料理がなによりも苦手な私の子とは思えませぬ。
親は無くとも子は育つ・・・・

投稿: ととろ | 2008年1月31日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/17869081

この記事へのトラックバック一覧です: 息子自作弁当ご披露:

« ある家庭医の物語 | トップページ | 自治会餅つき大会 »