« 池田晶子さんの書、3冊到着 | トップページ | 大丸東京新店オープン »

2007年11月 7日 (水)

誰もいない・・・母の家

最寄り駅近くのショッピングセンターに買い物に行った帰り、なぜだか突然、

「今日は、ちょっと時間に余裕ができたから、お母さんの家に寄って行こう」

と唐突に思い浮かんだ。

そして、その数秒後、今、「お母さんの家に寄って行こう」と思った自分は、

母が生きている頃の習慣そのままに、母の家で母とお茶しながら話をする

ために寄ろう、としていたことに気づいた。

母の突然死から、もうかれこれ5ヵ月経とうとしている。それなのに、まだ、

母の生きている世界と、母が死んでいる現実世界の境界線上を行ったり来

たりしてしまうことがある。いつまで続くのだろうか・・・・

非現実世界にいる一瞬は、ごく普通の感覚でいて、現実世界に戻った瞬間

に、重苦しい、取り返しのつかないことをしたような絶望感が襲ってくる。

この瞬間の重みと、逃げ出せない暗闇のような感覚が、軽快に自転車をこ

いでいた私の足を突然止めてしまった。後ろから来ていた自転車の男性が、

何か怒りの言葉を発しながら私をよけて走り去っていく。

母の家には、母がいるはず。電話しても出ないのは出かけているから。

32年前、父が亡くなった後しばらくの間、母が「お父さんは帰ってこられない

ほど忙しいの、遠くに行って仕事しているような気がしているの。」と何度か

言っていたことを思い出す。

そして今になってやっと、当時の母の言葉の意味を、母の気持ちを理解する。

|

« 池田晶子さんの書、3冊到着 | トップページ | 大丸東京新店オープン »

母のこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、拙い我がブログにコメントをありがとうございました。沖縄から無事に帰ってきました。
町の連中との遊び旅行でしたので、素敵な観光は出来ませんでした。アルバムをアップして、御ブログを楽しみました。

ご母堂さまが、亡くなられてまだ、半年も経っていないのですね。お気持ちはお察しいたしますよ。
トトロは、大好きなんですよ。小生が住んでいる町は田舎です。しかし、トトロの映画のような場所へ行くには、車で10分ほどはかかりますね。でも、野花を楽しみに、よく歩きますよ。

ではでは、田舎者ですが、よろしくでございます。

投稿: 呑気おやじ | 2007年11月 8日 (木) 15時08分

呑気おやじ様
コメントいただきありがとうございました。字が多くて画像が少ない、と不評な当ブログをご高覧いただき、誠にありがとうございます。
沖縄旅行のステキなアルバム、さっそくスライドシヨーで楽しませていただきました。お花が美しいですね。
これからも、ときどき遊びに伺わせていただきます。よろしくお願いいたします。

投稿: ととろ | 2007年11月 9日 (金) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/16999789

この記事へのトラックバック一覧です: 誰もいない・・・母の家:

« 池田晶子さんの書、3冊到着 | トップページ | 大丸東京新店オープン »