« 本日、病院にて | トップページ | 母と歌舞伎座と水天宮 »

2007年10月14日 (日)

たかが運動会、されど運動会

息子の学校の運動会が中止になった。来年度以降も実施するかどうか

保留、文化祭も同様の措置が取られる模様とのことである。

そこまでに至った経緯は、一言で言うと「不祥事」が発生したため、とい

うことになってしまうのだが、詳細事情はかなり複雑で、重い。

息子が憧れて、焦がれて、たぶん生まれて初めて、努力らしい努力をして

やっと入学したばかりの学校。中学生になって初めての運動会、実行委員

になって、日夜楽しそうに準備作業をしていた息子。今、何を思っている?

私は、なんと言えばよいのか迷い、一瞬黙り込んだ。

「今、100年の歴史の中にいることを感じているよ。」

息子は、そう一言だけ言った。

「すごいことじゃないか、大好きで入った学校が生まれ変わることに、関わ

れるかもしれないじゃないか。」

夫は、そう答えた。

息子は、重々しく、でも少しだけ微笑みを浮かべて頷いた。

う~ん、なるほど、そうきたか。私には答えられない答えだと思った。

|

« 本日、病院にて | トップページ | 母と歌舞伎座と水天宮 »

夫のこと」カテゴリの記事

息子のこと」カテゴリの記事

コメント

トトロさん、おはようございます。
そう…、楽しい時を過ごすのも素晴らしいけど、逆境を体験する事の方がもっとたくさんの事を人は考えるんだと思います。
きっとトトロさんの息子さんは大丈夫!多くのものをそこから学び取って行かれると思います!!
親が思うより子供はずっと繊細で、そして、ずっと強いんでしょうね。

投稿: 朝つゆ | 2007年10月14日 (日) 10時12分

朝つゆさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
普段は、3歩歩くとすべて忘れる、ホケホケしたバカ息子ですが、今回はけっこうズッシリときたようです。今まさに、彼の中で学び取りがはじまらんとしているのでしょう。学校の体質に構造的問題があったという大きな話になっているので、中一君のキャパシティには納まりきらなくなっているような感じです。
まだ5年半通う学校なので、焦らなくても、じっくり考えて、学校の改革のために自分にできること、やらなければいけないこと、やってはいけないこと、理解していってくれればと思います。

確かに、子どもは、繊細さ・動物的敏感さを持っていて、それでいて、かなりの逆境にもしなやかに強いですね。
見習いたいな・・・と思います。

投稿: トトロ | 2007年10月15日 (月) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/16751853

この記事へのトラックバック一覧です: たかが運動会、されど運動会:

« 本日、病院にて | トップページ | 母と歌舞伎座と水天宮 »