« 一新塾・・・その後 | トップページ | 母の小さな遺影 »

2007年10月29日 (月)

仏壇、位牌、遺影、遺骨・・・・ついに引越し

昨日は、朝から、父母の引越し、もとい、父と母の仏壇、位牌、遺影、遺骨

の引越しであった。母のマンションから、埼玉の弟のところに移したのだ。

朝から、仏具もろもろを梱包し、夫と弟が2人で、仏壇をうちの車(ワゴン車)

の後部に積み込んだ。

弟が、過剰なほどに毛布やタオルで包んだり、隙間を埋めたりしてい

る姿を見て、弟は弟なりに父母および父母の仏壇等一式を大切に思って

いることが感じられ、少し安心したのも事実。

弟と息子が2列目座席に座り、夫が運転してくれるというので、私は助手席

に乗り込んだ。息子は、表情は恬淡としていたが、わざわざ埼玉までついて

来るぐらいだから、やはり何かいろいろ思うところがあったのだろう。

首都高にのって、1時間20分程度、父母が生前訪れたことのなかった弟の

家に着いた。

一昨日、父母の遺影の前に座って、ふたりに引越しのことを説明した。

別れの宴だからね、と、2時間ぐらいにわたり、お線香をもくもくと焚き続けた。

あっという間に家中がなんとなく白く霞んでいく・・・・不思議な世界。

父と母に、弟のところに行っても、私のところも見守り続けてね、とお願い

した。

弟の家の2階に仏壇を運び上げ、とりあえずなんとか設置、さっそくお参りして

引越しが無事に完了したことを父母に告げた。ふたりの姪っ子たちが、一緒

に並んで、一心にお参りしている姿がかわいらしく、気持ちが和んだ。

父と母も、この子たちに毎日声をかけてもらえるのなら、ここでの生活も悪く

なさそうだね・・・・よかったね・・・おとうさん、おかあさん。

その後、食事をごちそうになってから、また首都高で一路千葉まで帰ってきた。

夫と一緒に、息子を空手に練習に送って行ってから、母の葬儀を行ったセレモ

ニーホールに立ち寄った。

ここでの葬儀は、すでに4ヶ月以上前のことになるのか・・・

立ち寄ったのには訳があって、このセレモニーホールでは、なぜか一般的な

仏壇は展示していないが、現代仏壇と言われる、比較的小型で、かつ見た目が

どうしても仏壇というよりは飾り棚かおしゃれっぽいタンスにしか見えないような、

仏壇をたくさん展示しているのである。もちろん販売もする。

私は、弟の家に仏壇を送ったら、私の家用の小さな現代仏壇を買おうと以前から

決めていて、すでに何度も下見に来ていたのだ。

葬儀の時のホール側の担当者に、事前に購入予定の型も伝えてあったので、

あとはただ正式に注文書を書くだけだった。

担当者「お母様の家は片付きましたか?」

私「(ぎくっ、一番痛いところを・・・)いえ、全然、ほとんどあのまま・・・・仏壇だけ

  弟の家に移しただけで、他はそのままです。」

片付けなきゃ、と思う。

でも、あまり片付けてしまいたくない・・・・あのままにしておけたらいいのに・・・・

ずっと、ずっと、母が生きて生活していたときのままに・・・・

|

« 一新塾・・・その後 | トップページ | 母の小さな遺影 »

母のこと」カテゴリの記事

コメント

記事を読んでいるときにパソコンからは
『ただ・・・逢いたくて』が流れてきて
思わず泣いてしまいそうになりました。
この曲自体は別れた元恋人を想って、だと
思いますが、大切な人を亡くした場合にも
当てはまるような気がしました。

うちにも仏壇がありますが、ほとんど手入れを
していないので、たまにはお線香でも
あげようと思いました。

投稿: ペリエ | 2007年10月29日 (月) 23時55分

ペリエさん
いつも心のこもった言葉をかけてくださってありがとうございます。
お線香をあげると、紫煙のせいなのでしょうか、気持ちがどこかに浮遊するような感じがします。

お仏壇って、時間の経過とともに家具化するような気がして・・・父が亡くなってお仏壇を買った当初、私は中学生でしたがほぼ毎日読経していました。それが、この10年間、読経どころかお参りした回数が何回かというほど・・・ましてやお手入れなんて・・・
母の死によって、突然お仏壇はお仏壇としての存在を再び輝かせました。空気のようになってしまっていたものが、突如、凛とした存在感をもって、不思議なくらいでした。

投稿: ととろ | 2007年10月30日 (火) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/16909808

この記事へのトラックバック一覧です: 仏壇、位牌、遺影、遺骨・・・・ついに引越し:

« 一新塾・・・その後 | トップページ | 母の小さな遺影 »