« 整体の威力 | トップページ | 一新塾説明会ご報告 »

2007年10月26日 (金)

某大学病院内科にて

今日は、2週間前に通院した某大学病院内科に、再び通院する日であった。

検査結果から導き出された結論は実にあっさり。

「内科的な特段の異常認められず。」

つまり、不整脈も、頻脈も、原因は心臓ではないということ。

心というか脳というか、心因性だと思われるということだ。

さて、となると、ここからが問題となる。心因性系統に効くはずの薬は飲んで

いるのである、すでに、かなりの量を。でも改善しない、悪化している。

その理由を突き止めなければ、改善の見通しがたたないことになってしまう。

あるいは、どれだけかかるかわからないが、時間が解決してくれるのを待つか・・

|

« 整体の威力 | トップページ | 一新塾説明会ご報告 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/16880289

この記事へのトラックバック一覧です: 某大学病院内科にて:

« 整体の威力 | トップページ | 一新塾説明会ご報告 »