« 四十九日法要 | トップページ | 犬・猫の里親募集 »

2007年7月27日 (金)

「トトロの樹」の由来

私のハンドルネームはtotoronoki  (トトロの樹) である。

スタジオジブリ、宮崎駿監督作の名作、「となりのトトロ」を知らない人は少ないのではないかと思う。
息子は、保育園に通っている頃、登場人物全員の台詞をすべて暗記するほど繰り返しビデオを見ていた。
私の母は、千葉に来る前に名古屋で定年退職まで会社勤めしていたが、職場の隣が映画館だったため、「となりのトトロ」が上映されている間中、何度も繰り返し見に行ったと言っていた。

さて、私のハンドルネームである。なぜ、トトロの樹、なのか。当然ジブリのトトロと関係がある。

息子が生まれ、私の母は、息子が生後3ヶ月になるまで、名古屋と千葉を行ったり来たりしながら、出産後体を壊した私のかわりに育児と家事をやってくれていた。

母は息子を抱いて窓際やベランダを歩きながら、周りの景色を眺めていることが多かった。うちは坂のてっぺんに建つマンションの6階で、街全体、海まで見渡すことができる。その頃ちょうど、近くでマンション建設中のクレーンが2基見えていた。

どんなところか見に行ってみよう!ということになって、母、私の夫、私、息子と4人で散歩がてら、クレーンのあたりを目指して歩いた。徒歩5~10分ぐらいのところに、マンションの工事現場とモデルルームがあり、自然の流れでモデルルームにはいった。

資料をもらい、いろいろ説明され、母はウキウキしていた。母は、自分の実家か、父が勤務していた会社の社宅にしか住んだことがない。ひとり暮しの経験ゼロ。モデルルームにいるうちに、64歳にして人生初めて自分の家で一人暮ししてみたい、という、夢?やら野望?やらがムクムクと盛り上がってきたらしかった。しかも、近所には、「Mam、Help me!!」と全身で助けを求めている娘と孫がいる。

モデルルームを出たところに、道祖神と書かれた小さな赤い鳥居と祠があり、その奥には、樹齢どれほどかとうならせるような、幹の太い、天いっぱいに枝ぶりをひろげた巨大な樹木があり、圧倒されながら見上げた。樹木に精霊というものが宿るのであれば、この樹には間違いなく精霊が宿っていると感じられた。後に母がこのマンションに住むようになって、いつしか、私たち家族は皆、その樹を「トトロの樹」と呼んで畏敬の念を持つようになっていた。

深夜に母の家から自宅に戻るとき、樹木の精霊から話かけられたような不思議な感覚を覚え、必ずトトロの樹を見上げた。母の生活をトトロの樹が見守っているようで、心の中で「よろしくお願いします」とお願いしながら自宅に戻ったものだった。

|

« 四十九日法要 | トップページ | 犬・猫の里親募集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/15901063

この記事へのトラックバック一覧です: 「トトロの樹」の由来:

« 四十九日法要 | トップページ | 犬・猫の里親募集 »