« 旅に出て | トップページ | かかりつけ医の先生からの手紙 »

2007年7月16日 (月)

福岡にて

福岡は良いところだと、以前からよく聞いていた。単身赴任して地元に戻ってくるのをしぶる人も少なくないという。
昼の博多は普通に地方の大きな都市だったが、夜の博多はワンダーワールドであった。どっちかというとアンダーワールドといった方がいいのかな?それでなんとなく単身赴任者のこの街への愛着の理由の一端を垣間見たような気がしたが、きっと、実はもっと奥深いのだろうなぁ。
こんな遠くまで来て、博多港の夕日を眺めていても、それでも、母の亡くなった現実世界と母が生きている非現実的パラレルワールドとを行ったり来たりする状態に変わりはない。とはいっても、母の生死以外は何も違わないので、生活上の支障は今のところ生じていない(と思っているのだが・・・・)。
この状態はいつまで続くのか、今はまだ見当がつかない。

|

« 旅に出て | トップページ | かかりつけ医の先生からの手紙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216188/15775189

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡にて:

« 旅に出て | トップページ | かかりつけ医の先生からの手紙 »